老化の予防法

髪の老化を予防する

老化してくると髪はパサつきやハリがなくなってしまいます。

 

ヘアケアをきちんとして加齢によるダメージを防ぐようにしましょう。

 

美しい髪は滑らかな手触りですが、30代を過ぎる頃から次第に痛みが気になる様になります。

 

痛んだ髪をしていると老けた印象を与えてしまうので、若々しさをキープして老化を少しでも遅らせるようにしたいですよね。

 

髪が老化してしまう大きな原因は、ヘアサイクルの乱れと言われています。

 

加齢によって徐々に髪が細くなりはじめ、コシもなくなり、抜け毛や切れ毛も起こりやすくなってしまいます。

 

また、年を取る事で血行が悪くなり、毛母細胞が上手く機能しないのも原因の1つでしょう。

 

白髪が増えることで髪を染める回数が増えなれば髪質も更に低下してしまいます。

 

そして、年を重ねると食べた物の消化・吸収率が低下し、きれいな髪には欠かせないタンパク質やビタミン類が不足してしまうのです。

 

それを予防するには適切なヘアケアが大切です。

 

まず予防策としては、極力ダメージを与えないことに注意しましょう。

 

特に乾燥には注意が必要です。

 

髪の乾燥は老化を早めてしまいます。

 

そして、髪の健康の為には紫外線対策も必要不可欠です。

 

紫外線は髪のタンパク質を酸化させてしまうので、帽子や日傘の使用をお薦めします

 

老化による痛み防止に効果的なヘアケア製品を使うもの良いでしょう。

 

艶やかでしっとりした髪になれますよ。

 

食事にも気を配る事が大切で、ミネラルやビタミンの豊富な海藻や、良質なタンパク質が含まれている赤身の肉や大豆を積極的に摂るようにしましょう。

 

白髪染めやパーマは、回数を控えることで髪が脆くなるのを防ぐ事ができます。

 

美しい髪は若々しさを一層引き立ててくれます。

 

ぜひ、髪の老化予防に取り組んでみる事をお薦めします。

髪の老化を予防する関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

髪の老化を予防する

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します