老化の予防法

爪の老化を予防する

老化した爪には縦じまが出きるのが特徴です。

 

若い頃にはないもので、40代位になってくると爪に縦じま(爪甲縦条)が見られるようになります。

 

爪は身体の中では、比較的老化症状が出にくい場所と言われていますが、爪も確実に老化していきます。

 

ですから、爪の老化もきちんと予防しましょう。

 

それには爪が加齢ダメージを受ける原因の考えましょう。

 

爪母基(そうぼき)と呼ばれる所で爪が作られています。

 

加齢によって爪を作る細胞が弱まると、爪も貧弱な状態になってしまいます。

 

脆い爪では指先の動きも左右しますので、爪のケアをきちんとしなければなりません。

 

オイルマッサージで血行を促進させ、丈夫な爪が出来るようにする事が老化予防に繋がります。

 

また、爪の老化は病気が隠れている事もあるようです。

 

爪は健康のバロメーターとも言われており、全身性の病が原因で異常な爪になる場合もあって、爪の状態に気を配る事は病気を予防し、早期発見にも繋がるでしょう。

 

爪が急に割れやすくなったり、変形や白い横じまが入るなどは注意が必要ですから、疾病が疑われる場合には医師の診察を受けるようにしなければなりません。

 

そして、最近は爪にきれいなネイルを施す人が増えていますね。

 

指先が華やかだと若々しいイメージを受けるでしょう。

 

しかし、マニキュアは爪に負担を掛けてしまうので、時々休息を与える時間も必要です。

 

ネイル用品も高品質な物を選択し、最小限のダメージに抑えるようにしましょう。

 

人工爪を使用するのも程ほどにした方が爪の健康を保てるでしょう。

 

爪の老化予防をして、美しく年齢を重ねていきたいものですね。

爪の老化を予防する関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

爪の老化を予防する

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します