老化の予防法

手の老化を予防する

老化の症状の中にはお化粧などで隠せるものもありますが、手の老化は隠しきれないので、予防が大切といわれています。

 

年齢を重ねると誰でもしわやしみに悩まされるようになります。

 

顔や体と違い、手は地肌を直接見る機会の多いので、老化現象が強く目立ちます。

 

指関節は長年の曲げ伸ばしにより深いシワがたくさんでき、お肌は乾燥してツヤが無くなり、指先にはささくれが出やすくなるのです。

 

そして、加齢によって手の動きが鈍くなり、関節痛や骨の変形、又はパーキンソン病のように他の器官で発症した病気が原因で手にも何らかの症状が出てしまうことも考えられるのです。

 

手の老化を予防する為にはこまめにお手入れをすることが大切です。

 

元々手が荒れやすい方の場合は年と共に酷くなる場合もあるので、水仕事の際にはハンドクリームを塗りましょう。

 

炊事や植木の手入れ、お風呂掃除などの時には特に手にダメージを受けやすいことからも、手袋を使用する事をお薦めします。

 

時には手にパックをしてお肌をしっとりとさせるのも老けた印象を与えない様にするには効果的でしょう。

 

マッサージをするのもシワ予防に効果があり、血行を促進してツルツルで若々しいイメージに変えてくれるでしょう。

 

老化が原因でおこる関節のしびれや痛み、炎症などは早めに医師の診断を受けることが大切です。

 

上記したように手以外の何らかの疾病で影響を受けているのなら、予防や発見にも繋がるので、早い時期に医学的チェックを受けておくと安心でしょう。

 

自分が思っている以上に老いを感じやすい、手の老化予防をお薦めします。

手の老化を予防する関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

手の老化を予防する

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します