老化の予防法

肩の老化を予防する

自分で老化を自覚し始めたのが肩こりからだったという方も多いのではないでしょうか。

 

若い時にはどんな仕事をしても肩がこるという事は無かったという方も、老いが身近に迫ってくるとコリや痛みに悩まされる確率が高くなるようです。

 

老化による肩こりの予防について考えてみましょう。

 

老化により見られる肩の症状には、肩関節周辺炎というものがあります。

 

中高年になると起こりやすいと言われている症状で、よく四十肩や五十肩と呼ばれるものの事です。

 

40代くらいになってくると、今までは何も感じなかった肩が突然上がらなくなったり、痛み出す等の症状を引き起こすのです。

 

筋肉の疲労や同じ姿勢を長時間していたことで起こる痛みである一般的な肩こりとは異なり、肩関節周辺炎は関節のトラブルによって発症するものです。

 

老化によって肩周辺の筋肉が衰えてしまい、関節の動きが悪くなって炎症に罹るのが原因と言われています。

 

炎症によって腫れる場合もあり、肩が熱を持って動かすと激痛が伴うのが特徴とされ、治るまでには時間も掛かるようです。

 

それを予防する為には普段から肩を労わるようにするのが大事なことで、四十肩などは急に発症するのではなく、前兆があるそうです。

 

しびれや違和感などの肩の病気の前ぶれを見逃さないようにしましょう。

 

普段から適度な運動をしておく事も予防には効果的です。

 

手で自分の襟元を掴み、肩を中心に円を描くようにしてまわす体操や、チューブを利用して行うトレーニングといった、四十肩予防の運動がお薦めです。

 

肩の老化を予防して、痛みのない快適な生活を送りたいですね。

肩の老化を予防する関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

肩の老化を予防する

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します