老化の予防法

口の老化を予防する

老化予防には口の健康が重要とされているようです。

 

年齢を重ねる事で起こる様々な老化現象があり、口が乾いたり、歯がねばねばする、食べ物が飲み込みにくいなどの症状を感じる方が居るようです。

 

これらは口の老化でおこります。

 

また、老化予防には食事がとても大事で、しっかりと消化・吸収する為には食べ物が体に入る玄関となる口のケアは注意が必要です。

 

口の中では、歯で食べ物を噛んで、唾液と一緒に飲み込み消化を助ける働きがありますが、老化が進んでくると上手く噛めない場合も増えてきます。

 

これは、加齢などに伴い歯が抜けてしまうのが原因です。

 

年を経るにしたがって歯の本数が次第に少なくなる事は誰にでも当てはまる事なのですが、歯磨きを丁寧に行い、虫歯治療をしていれば歯が抜けるのも抑えられるでしょう。

 

そして、高齢の方で意外と多いのが口臭です。

 

加齢により口の筋肉が弱ったり、唾液が減少することから口腔内の汚れが溜まりやすくなり、自浄作用が低下するのが口臭の原因のようで、更に義歯のお手入れ不足が重なると口臭が更にひどくなることもあるようです。

 

そのようにならない為にも、年齢を重ねてきたら口臭にも気を配るようにしましょう。

 

口の老化を予防するには、口腔ケアが効果的です。

 

口腔ケアとは口腔科の医師や歯科医師などの専門家によって行われ、唾液年齢や歯年齢、歯周年齢などをチェックし、適切なケアを受ける事が出来るというものです。

 

これが歯の老化予防には最も適している方法ですので、気になる方は一度受診することをお薦めします。

口の老化を予防する関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

口の老化を予防する

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します