老化の予防法

耳の老化を予防する

老化は耳にも現れてきます。

 

老人性難聴などは老化していくことで症状が出始めます。

 

耳の聞こえが悪くなると聞き間違いをしてしまったり、難聴が元になって認知症が進行してしまうといった恐れもあるので、予防策も早めに講じたいところです。

 

人の耳は40歳前後から老化が進み、内耳の機能が衰えてしまう事が大きな原因なのですが、若い頃から耳を酷使している場合は老化を早めてしまうようで、加齢による血液循環低下も一因と言われています。

 

耳の血液循環がよくないと聴覚機能を司っている神経の伝達も落ちてしまい、その結果耳が遠くなるようです。

 

耳の老化を予防するには、耳の使いすぎには十分注意しましょう。

 

長電話を頻繁に行ったり、大きな音でテレビを見たり、音楽を聴くのにヘッドホンを使うといった行為は、耳を疲労させるのでお薦めできません。

 

耳に優しい環境へと変えていきましょう。

 

また、食事も注意する事が大切です。

 

聴力アップには血液循環の改善が期待できるビタミンEが含まれるウナギやカボチャがお薦めです。

 

アサリやカキに豊富に含まれているビタミンB12も耳のダメージを軽くし、耳の老化予防に効果的といわれますから、積極的に食べるようにしてみましょう。

 

そして、何よりもきちんとした休息も大切です。

 

疲れが溜まってくるとストレスになってしまい耳鳴りを起こし、老化がおこりやすい状態を作ってしまいます。

 

聴力を保てるように健康管理にも十分注意し、高血圧や高血糖のある方はリスクを高めるとされているので、老化予防を心掛けましょう。

 

定期健診もきちんと受けて、耳に若さを保てるようにする事をお薦めします。

耳の老化を予防する関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

耳の老化を予防する

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します