老化の予防法

老化予防の弊害

老化予防には、加齢によって起こる老化現象が現れるのを遅らせることが出来るでしょう。

 

体の器官や肌、髪など、老いによって引き起こされるトラブルはとても多く、悩みを改善するには良い方法なのですが、その反面、予防策を講じることで弊害出てくるようです。

 

1つは、老化予防に効果的だからと自分の体力や体質を無視して強引に行う事です。

 

老化の予防には運動が効果的でしょう。

 

しかし、やりすぎはよくないのです。

 

散歩やウォーキングが効果的だからと言って、疲れてしまうほど行うのは逆に疲労を溜めてしまうのです。

 

疲労が蓄積すると病気の原因になりますし、転んで怪我をしたり、骨折したりすると、高齢者の方はそのまま寝たきりになる危険性もあるのです。

 

二つ目には、「老化を予防する為に絶対やらねばならない」と気負いすぎることはいけません。

 

確かに、老化防止には役立つかもしれませんが、義務感を持って行うと何らかの理由で出来なかった時に自分を責め、ストレスになる場合もあるのです。

 

ストレスも老化を加速させる原因になります。

 

気持ちの余裕を持ちながら行うことでリラックス効果もありますから、無理強いはお薦めできません。

 

そして、老化対策したからという事で自分の体を甘やかしている事もあるようです。

 

特に肌の老化予防で問題になりがちなのが、老化予防の化粧品を使い続けてしまうと肌本来の体力が低下し、新陳代謝や肌細胞の再生能力を低下させる事があるようです。

 

老化対策をしながらも、体の持つ自然な能力を損なわないようにする事も大切です。

 

老化予防

老化予防の弊害関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

老化予防の弊害

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します