老化の予防法

老化予防と内臓

老化は体内にも大きな影響を与えるでしょう。

 

老化予防して、若さをキープさせるのは大切なことです。

 

年齢を重ねると細胞がきちんと分裂されにくくなり、遺伝子が正しく分裂できなくなっていくのです。

 

細胞は死滅と再生を繰り返し行っていますが、それは加齢によって少しずつ退行していき、体全体が弱っていきます。

 

心臓や肺などの臓器にも加齢によるダメージを受けてしまうので、予防対策を行って若々しい体を維持できるようにしたいですね。

 

血管も老化する事で弾力を失い、動脈硬化のリスクを高めてしまいます。

 

内臓機能が衰えると、食事で摂った栄養を充分に消化・吸収できなくなります。

 

消化吸収力が低下すると健康を害し、みずみずしい素肌をたもつのも困難になり、同時に体力や気力も維持できなくなるでしょう。

 

ホルモンバランスも崩れてきて、老化防止に有効な成長ホルモンも減少します。

 

このような結果、栄養不足から病気に罹りやすくもなってしまうのです。

 

そして、老化に関して大問題なのが更年期です。

 

体が老化してくることで女性ホルモン分泌が減り、ほてりやのぼせ、不眠や肩こり、そしてイライラして気分が落ち込むといった症状が起きてしまいます。

 

更年期では骨粗しょう症や動脈硬化なども併発する事があり、治療が必要になる場合もあります。

 

予防する為には投薬やホルモン治療などがあり、適切なケアが大切で、若さをキープするには地道な老化予防策が有効とされています。

 

美容と健康のためにも内臓機能が低下しないようにするのは大事なことです。

 

内臓の働きを活性化させられるよう老化予防を心がけましょう

老化予防と内臓関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

老化予防と内臓

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します