老化の予防法

足の老化を予防する

老化は足からとはよく言われる言葉です。

 

老化が進むと足腰が弱って、転びやすくなってしまいます。

 

また、若い頃には歩幅も大きかったのに、年を重ねるごとに歩幅は次第に小さくなって、最後にはすり足でゆっくりとしか進めなくなってしまうのです。

 

そして骨折や関節炎も増えます。

 

足が悪くなってくると行動範囲も狭くなり、家に引きこもりがちになり鬱や認知症を発症することもあるようなので、弱らないような予防が重要です。

 

足の老化予防にはどんな方法があるのでしょうか。

 

足腰は健康維持の為にも大切なので、鍛えるよう心掛けましょう。

 

足のトレーニングは、とにかく毎日足を動かすという事です。

 

日ごろからたくさん歩いたり、運動する習慣のある方は年を取っても健康な生活が送れるようで、散歩などの軽い運動でも足を鍛える事ができます。

 

その時は、正しい姿勢を保ちながら、歩幅を広く取ってテンポ良く歩きましょう。

 

姿勢が悪いと背骨などが歪み、それが歩く時に痛みを生じる原因になります。

 

そして、体の歪みは内臓や筋肉にも影響が出てしまいますから、前かがみであったり、左右に偏りがないよう気を付けて歩きましょう。

 

それから、足を踏みしめて歩くのも大切とされています。

 

歩いた時の衝撃が良い刺激を与えて、老化を予防するそうです。

 

骨や関節の強くするのにも役立ち、階段も楽に昇ることが出来るようになるでしょう。

 

足のためには靴選びも大切で、ヒールの高い靴やつま先の細い靴は足へ大きな負担がかかり、血行を阻害して老化を促進させてしまいます。

 

老化にも十分配慮し、トラブルを予防して元気な足を守りましょう。

足の老化を予防する関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

足の老化を予防する

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します