老化の予防法

肝臓の老化を予防する

老化で肝臓の働きが低下してしまうのを予防しましょう。

 

加齢が進むと肝機能が低下して、栄養分の分解や合成、貯蔵や胆汁の生産、解毒作用などが充分に機能しなくなってしまいます。

 

肝臓は、とてもたくさんの働きを持つ臓器なので、老化によるダメージは最小限に抑えた方が良いでしょう。

 

高齢になってからも健康でいる為には、肝機能をサポートし、老いに負けない体を作り、病気を予防する事がとても大切です。

 

肝臓に負担を与えるものに、飲酒は大敵です。

 

アルコールの分解を司る肝臓は、適度な飲酒ならば問題無いのですが、飲み過ぎだと肝臓に大きなダメージを与えてしまいます。

 

肝臓が疲労してくる事で老化を加速させることに繋がってしまいます。

 

休肝日を設けるようにし、飲酒は自分の適量を守るように心掛けましょう。

 

そして、肝臓機能を損なう原因には動脈硬化なども考えられますので、高血糖・高血圧の方は特に気を付けなければなりません。

 

定期的に検診を受け、病気に罹っていないのか調べておきましょう。

 

肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

 

病気が重くなった場合でも自己症状が出にくく、気が付いた時には重篤な状態になっている事は多いと言われています。

 

普段からも異常が無いかを自分でチェックしておくことをお薦めします。

 

予防には肝臓に良い食事を摂る事も効果が高いそうです。

 

ゴマに含まれるセサミンという成分には肝機能を高める働きがあるので、ゴマ和えやゴマ豆腐を食べてみてはいかがでしょうか。

 

アロエも肝臓の老化予防に適しており、血行を促進して解毒作用を高めるといわれているものです。

 

老化でおこる肝臓機能低下を、これらの方法で予防する事をお薦めします。

肝臓の老化を予防する関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

肝臓の老化を予防する

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します