老化の予防法

胃の老化を予防する

年齢を重ねると胃も弱ってきます。

 

高齢でありながらも健康的で食欲旺盛な方もいますが、年を取ると胃の機能も低下して、胃もたれや胸焼け、食欲不振がおきやすくなるのが一般的でしょう。

 

胃も老化してくるとトラブル起こします。

 

粘膜も老化してくると慢性胃炎になる方も増えて、治療が必要になることもあるのです。

 

予防する為には胃を労わることが重要で、消化しやすいような食べ物や胃に優しい食べ物を摂ると良いでしょう。

 

消化がしにくい食べ物は何かというと、油が多いものが挙げられます。

 

それは胸焼けの大きな原因にもなり、肥満のためにもよくないでしょう。

 

アルコールも胃を荒らしてしまうため、飲み過ぎには注意しましょう。

 

山いもや大根おろし、キャベツや豆腐は胃に優しく、消化を助ける効果がある食材とされますから、胃が弱った時には積極的に食べる事をお薦めします。

 

他にも、胃の老化を早めるものに「ピロリ菌」の存在が問題となっています。

 

ピロリ菌とはヒトや動物の胃の中に入ってしまう細菌で、細長いらせん状をしているのが特徴です。

 

老化が顕著になる50代では約7割以上の方の胃にピロリ菌がいるといわれており、それが胃粘膜に炎症を起こす原因となっており、胃炎や胃潰瘍、胃がんに罹りやすくさせてしまうのです。

 

胃の老化は、このピロリ菌に感染している方にだけが起こるとも言われており、老化予防にはピロリ菌に感染しないように注意する事が重要でしょう。

 

胃の老化現象ともいえる萎縮性胃炎にも気を付けなければなりません。

 

胃粘膜が薄くなる事で、胃がんのリスクも高まってしまいます。

 

血中ペプシノゲン値という数値で罹患しているかの判断ができますので、予防のためにも健康診断を受けるようにしましょう。

 

老化を予防しながら、健康な胃で食事を楽しみましょう。

胃の老化を予防する関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

胃の老化を予防する

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します