老化の予防法

肺の老化を予防する

老化によって肺はダメージを受けてしまいます。

 

肺は呼吸するために大切な臓器なので、老化予防をして健康な生活が送れるように心掛けましょう。

 

高齢になってくると心肺機能が衰えます。

 

煙草やがんによって更に機能が低下してしまうので、肺を鍛えたり、肺病予防が大切です。

 

老化が原因で起きる肺の病気には、老人性肺炎があります。

 

高齢者の死因で肺炎は大きな割合を占めているらしく、風邪やインフルエンザなどによって気管支や肺の機能が低下した時には死亡率も高まってしまいます。

 

そして、肺炎はちょっとしたことからも起きてしまうのです。

 

老人の場合、全く症状が無いにもかかわらず肺炎に罹ってしまい、急激に悪化する事で死に至るケースもあるのです。

 

予防するには、まず肺の健康を維持する事が第一であり、呼吸するという事で外気に触れやすい器官でもあるので、病気を寄せ付けないような対策を取る様にこころがけましょう。

 

それから、老化すると唾液の分泌も少なくなります。

 

食べ物を食べる際に唾液の分泌が少ないと飲み込みにくくなり、食道ではなく気管に入ってしまうような誤飲もありますから、食事の際には飲み物を用意するようにした方がよいでしょう。

 

肺の老化では、肺気腫にも十分注意しましょう。

 

酸素と二酸化酸素を交換する肺の気腔が、加齢によって伸びきってしまう事で、伸縮力が弱まり、酸素を取り入れにくい状態になってしまいます。

 

長い間喫煙している中年男性がなりやすいと言われており、老化予防のためには禁煙する事が一番です。

 

長生きする為にも運動などをして心肺機能を高め、肺の老化予防する事をお薦めします。

肺の老化を予防する関連エントリー


Copyright (C) 2010 老化の予防ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

肺の老化を予防する

加齢による様々な症状を予防する方法を紹介します